WEDDING REPORT 挙式レポート

幾つもの愛-あなたがいて 僕がいて-

挙式スタイル : 人前式 / 季節 : 秋 / 招待人数 : 【挙式】約70名 【披露宴】約40名
2020年10月31日挙式 新郎 こうせい様 ・ 新婦 あやの様

食いしん坊なふたりの《こだわり抜いた料理でおもてなし》

納得がいくまでたくさん悩んで決めた《ウェディングドレス&和装》

コロナ禍でも、ゲストが安心して参加できる《新しいスタイルの結婚式》

新郎新婦からのメッセージ

式場情報誌のモバイルサイトで、ブルー:ブランの写真が目にとまり式場見学に行きました。
式場の決め手は、雰囲気はもちろん、プランナーさん含めスタッフ全員の方の印象が良く、ちらっと見に行くだけのつもりでしたが、プランナーさんの熱意が伝わりこの人にお願いしたいと思い決めました。

私たちは食いしん坊です。そのふたりが納得する料理を、試食会後にプランナーさん、料理長と悩みながらコースを決めました。
また、衣装にもこだわりました。何度も衣装屋さんに訪れ試着を繰り返しました。ウエディングドレスも当初の物から変更になったり、カラードレスから和装に変わったりと非常に悩みましたが、衣装屋さんが友達のように親身になってくれ、相談しながら納得のいくドレスと色打掛を決めることが出来ました。
そしてコロナ禍の中、みんなに楽しんでもらいながらも感染に対しての恐れを極力減らすための新しいスタイルの結婚式を悩みながら考えました。プランナーさんにもたくさん協力していただき、形にすることができました。

結婚式は、準備から大変なイメージしかありませんでしたが、スタッフの皆さん、特にプランナーさんに助けられたため終わってみたら一瞬でした。準備も楽しく思い出に残る式になりました。
優柔不断な新婦でしたが、リードしてくれる新郎や、背中を押してもらえるプランナーさんたちに助けられ無事に結婚式を終えることが出来ました。みんなから『良い式だったね』『和装すごく似合ってた』と言われて大満足です。

最初イメージが湧かなかった私たちのために、毎回エンディングムービー見せてくれてありがとう!そして終わった後も何度も長い時間無駄話も含めて時間を割いてくれてありがとう!自信を持って「お勧めの結婚式場はブルー:ブランです!」と友達に言っています。
2020年のイベントは行けなかったけど、2021年のイベントには必ず行きます。スタッフの皆さん働き過ぎないように!また会いましょう!

担当プランナーからのメッセージ

面白く優しく、思いやり溢れるこうせいさん。お打ち合わせはいつも一生懸命にペンを握り、参加してくださいました。つられていつもこちらまで笑顔になってしまう程、素敵な笑顔のあやのさん。結婚式へのやる気も満々!ちょっぴり人見知りなところもあり、少しずつ心を開いてくださってるのを感じ、日々嬉しい気持ちでいっぱいでした。

コロナウィルスの関係で延期されることを何度も考えましたが、おふたりにとってベストとは…一緒に沢山考え、形は少し変えつつも、このままお式を迎える大きな決断をされました。
そんな当日までの時間でおふたりから1番感じたのは、ご家族から溢れるほどの愛を注いでもらいながら育たれ、親友・キーパーソン・かけがえの存在であるご友人の皆様から沢山愛されてきたということ。だからこそ大切な皆様と一緒にお過ごし頂く挙式、アフターパーティー、規模縮小をした披露宴、ひとつひとつの瞬間に「おふたりとっての1番」を考えてきました。

ゲスト参加型で完成させる結婚証明書にしたり、披露宴に参加される皆様がウェルカムカナッペを楽しまれている間に、挙式までのご参加のご友人とお写真タイムをとり、アフターセレモニーのタイミングでケーキカットを行って皆様にご覧いただけるよう工夫をしたり、入場のシーンにご参加いただいたりと、どの瞬間も丁寧ににこだわり、おふたりらしい時間を創っていきました。

おふたりがなぜこんなにも愛されているのか…それはおふたりの人柄や、自分以上に相手を想われる優しいお気持ちをお持ちだから、周りの方々も自然とそうさせるのだと、おふたりのお側にいさせて頂く中で気付きました。
沢山の愛に溢れる日、おふたりにとってそんな1日になっていましたら幸いです。これからもこうせいさんと、あやのさんと繋がっていけることが心から幸せです。大好きなおふたりの幸せをずっと願っています。

お二人の担当 : 柴田 友美